USEN社長 自腹95億円で株購入という記事より。

フジテレビジョンと有線放送最大手USENは16日、フジが保有するライブドア全株式(発行済み株式の12・74%)をUSENの宇野康秀社長(42)個人が買い取ると発表した。

フジテレビが保有していたライブドア株を、USENの宇野康秀社長が個人で購入することになったそうです。なんと95億円。個人の買い物としてはかなりのものですね。

なぜ個人で購入するかというと、ライブドアの訴訟リスクを回避するためだそうです。

16日の終値87円より16円安い71円で買い取り、発行済み株式の12.74%を取得し、堀江元社長に続く株主になる宇野社長。

ライブドアのポータルとの相乗効果を見込んでとのことだそうですが、確かにGyaOとlivedoorポータルが相互乗り入れしたら、パワーあるかも。GyaOはノリに乗っているし、livedoorも名前は売れましたし。

ちなみにフジテレビには20以上の買い取り打診があったそうです。

両社は以前にも業務上の交流はあったが、今回は宇野社長が、経営責任を問われても仕方がない日枝会長を救った形。

宇野社長がフジテレビに貸しを作った、と記事。フジテレビのコンテンツがGyaOで流される可能性も非常に濃厚ではないでしょうか。昨日の記者会見もGyaOで中継されていたらしいですね。

しかし、これが懸念されてライブドア株続伸もUSEN株は下落なんていうことにも。

USEN株は、前日にライブドアとの業務提携による収益拡大期待から値上がりしたが、この日は、株主による損害賠償請求訴訟が予定されるライブドアの大株主になることが懸念材料となり、135円安の2715円と値下がりした。

フジテレビは値上がりしています。

USENとライブドア。どのような感じで相乗効果を見せてくるでしょうか。

■関連記事

USENがライフドア支援、ヤフーに攻勢

将来の「放送と通信の融合」の推進も視野に、都市部に展開するライブドアの無線LAN(構内情報通信網)の活用も検討課題となる。

USENがフジのライブドア株買い取り

今後宇野氏が、楽天・三木谷浩史社長(41)サイバーエージェント・藤田晋社長(32)らと〝連合軍〟を結成し、「IT界の巨人」孫正義社長(48)率いる最強勢力ソフトバンク&ヤフー連合に戦いを挑む構図に発展していく可能性も出てきた。