Google、3Dデザインソフト「SketchUp」を買収という記事より。

米Googleは、3Dデザインソフト「SketchUp」のメーカー、@Last Softwareを買収した。Googleの公式ブログとSketchUpのサイトで3月14日に発表された。

Googleはウェブベースのワープロ「Writely」に続き、今度は3D空間をデザインするソフト「SketchUp」を開発している@Last Softwareを買収しています。

「SketchUpは3D空間に紙と鉛筆で作図する感覚で作成、表示、編集できるソフト」だそうで、Google EarthのSketchUp向けプラグイン「SketchUp Google Earth Plugin」を開発している時にGoogle関係者と出会ったということです。

Google APIを使ってゴリゴリやったり、こうしてGoogleアプリケーション向けのプラグインを書いたりしているとGoogle関係者と出会えて、そのままGoogleに入社してしまうというケースです。

余談ですが、ぼくもGoogleのことは好きで一生懸命書いていますが、書いているだけでは決してそういう出会いはやってきません。

とりあえずは無料化される予定はなく、引き続き495ドルで販売されるそう。「Google Earthのあの灰色のボックスにはもううんざりだとは言える」ともコメントされていることから、UIのあたりで取り込まれて行くのでしょうかね。

サイトを見ると、地図空間に3Dで建物を描いたりできるのですね。確かに標準で搭載されたりしたら、これは面白そうです。おお、Mac OS X版もあるらしい!

■関連記事

Google、3Dデザインツール「SketchUp」の@Lastを買収

3Dモデリングソフトは機能強化が進む反面、習得のハードルが高くなっており、SketchUpは誰でも簡単に3Dモデリングを楽しめるソフトとして知名度を上げてきた。