英ボーダフォン、日本法人をソフトバンクに売却で交渉という記事より。

「交渉していることは事実だが、現時点では具体的に決まったものはない」

イギリスのボーダフォンとソフトバンクが、それぞれ交渉していることを認めるコメントを発表しています。

英ボーダフォンは、報道は推測記事としながらも、日本法人の株式の過半数をソフトバンクに売却することで協議していることを認めた。

どちらもどうなるか分からないとしていますが、ソフトバンクによる買収が実現する可能性は高いのではないでしょうか。どうしても日本ではうまくビジネスが回っていかない印象ですからね。

イー・アクセス、ボーダフォンの売却交渉を受けて総務省に質問状という記事も。

新規参入事業者が既存事業者を買収するなど状況に変化があった場合の想定が行なわれていないため、イー・アクセスではこの点に関して総務省に質問をする考えだという。

当然、イー・アクセスとしては、ソフトバンクに割り当てられた周波数帯を返却すべし、という方向なのでしょう。

ソフトバンクがボーダフォン買収となると、イー・アクセスは大きく水をあけられてしまいますね。