ソフトバンクがボーダフォン買収交渉という記事より。

ソフトバンクは4日、携帯電話世界最大手の英ボーダフォンから日本国内で携帯電話事業を手掛けている日本法人を買収する交渉を進めていることを明らかにした。

ついにソフトバンクがボーダフォン買収に動き出しました。ボーダフォンは社長が交代するなど、どちらかというと迷走している感じもありまして、ソフトバンクによるてこ入れが効果的に働くかもしれませんね。

金額的には、イギリスのボーダフォンが日本法人を買収するのに1兆数千億円をかけていたということで、ソフトバンクによる買収も1兆円に達するのは確実のようです。

買収が実現すれば、固定電話と携帯電話の両サービスを兼ね備え、NTTグループ、KDDIに次ぐ総合通信会社が誕生する。

凄いことですよね。ソフトバンクが総合通信会社に。

買収の狙いは「契約する携帯会社が変わっても同じ電話番号を使える「番号ポータビリティー(持ち運び)制度」が今年11月に導入される前に携帯参入を果たし、利用者の囲い込みを進めること」と説明されています。

ソフトバンクの携帯電話事業には注目していますが、ソフトバンク + ボーダフォンとなると、さらに注目という感じです。もうウィルコムに乗り換えてしまったんですけどね。

■関連記事

ソフトB、ボーダフォン日本法人買収交渉

ソフトバンクは4日、携帯電話世界最大手の英ボーダフォンから日本国内で携帯電話事業を手掛けている日本法人を買収する交渉を進めていると発表した。日本法人の株式の過半数を買い取る方向で調整している。