日興プリンシパル、ソニーから6社買収 6月に新持ち株会社という記事より。

ソニーが分離するのは、ソニープラザ、通信販売のソニー・ファミリークラブ、化粧品販売のB&CラボラトリーズとCPコスメティクス、レストラン経営のマキシム・ド・パリ、フィットネスクラブなどの企画・運営を手掛けるライフネオの六社。

元より小売りなどソニー本体と関係がなさそうなものは経営見直しから切り離すということになっていましたが、それを日興プリンシパルが買収することになったというニュースです。

ソニーが持株会社を設立し、日興プリンシパルが51%を取得し、残りを経営陣や従業員に売却してグループからの分離を行うとのことです。

日興プリンシパルは、筆頭株主として六社間の連携など今後の経営・財務戦略を支援し、事業を拡大。各社の企業価値を高めたうえで、持ち株会社の株式を上場し、投資利益を上げる計画。

日興プリンシパルにしてみれば、いわゆる一つの投資です。