ライブドア、ダイナシティと提携解消へという記事。

ライブドア本体から関連会社との関係見直し方針を打ち出したのは事件後初めてで、グループ一体再建を打ち出していた新経営陣は、事業縮小へと方針転換した。

ダイナシティと資本・業務提携の見直し、メディアエクスチェンジとも資本関係解消の話し合い、ターボリナックスは持株を減らす意向など、ライブドア傘下の企業のグループ離れが始まっています。

平松社長は、ライブドアの柱となる事業としてポータル(玄関口)サイト、金融、無線構内情報通信網(LAN)などのネットワークの三部門を挙げており、これらと相乗効果の低い関連会社との関係解消を進めることになる。

時価総額経営がつまづいた今、新規事業を立ち上げ、それにフォーカスして生き残りをかけるライブドアです。技術力はあるのですから、どこかにフォーカスするのが重要です。

ライブドア株、3日連続の続伸という記事では、

7日午後の東京証券取引所マザーズ市場で、監理ポストのライブドア株は3営業日連続で値を上げ、前日比9円高の117円で取引を終えた。

とも伝えられています。個人の短期売買と投資ファンドの思惑などが一致したのではないかと。で、こういうニュースにつられて買っちゃったりすると、ちょっとは上がるんですが、すぐ一気に急降下してしまったりするんですよね。気をつけよう。