ディズニーがピクサー買収です。

米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは24日、「ファインディング・ニモ」などの人気アニメ映画で知られるピクサー・アニメーション・スタジオを、74億ドル(約8500億円)で買収すると発表した。

目的としては「伸び悩むアニメ部門を強化」ということにあるようです。

しかし、Macユーザとして注目したいのはココ。

ピクサーの代表でアップルコンピュータのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)がディズニーの筆頭株主となり、ディズニーの取締役会に加わる。

Disney → Pixar → Appleという風に、DisneyとAppleが繋がります。iTunesのコンテンツにDisneyものはもちろん考えられるでしょうし、ミッキーマウス風味のiMacもリリースされたりして。

いずれ、JobsがDisneyの社長にもなっちゃったりするんじゃないかという気もしますね。

■関連記事

ディズニーがピクサーを8500億円で買収

伸び悩むアニメ部門を強化し、テーマパークでの利用などアニメの幅広い活用を目指す。株式交換で買収し、今年夏までに手続きが終了する見通し。