米Google、dMarc買収でAdWordsをラジオに拡大という記事より。

ラジオ広告の販売プロセス、スケジューリング、配信、集計を簡素化する同プラットフォームを利用することで、広告主は効率的にラジオに広告を出し、その効果を分析できる。

dMarcはラジオ局向けの広告プラットフォームを提供している企業だそうです。それをGoogleが買収ですから、Googleがラジオ広告に乗り出す訳で、Googleはアドワーズ広告をラジオ広告に統合する意向だそうです。すげぇ!

恐らくラジオ番組の内容を解析するのでなく、内容に関するキーワードをあらかじめラジオ局が登録するなどの方法で、それに関するアドワーズ広告ラジオ版が放送される訳で、Googleがラジオ広告かぁ。紙媒体に続いてラジオですよ。そうなるとテレビなどに進出することも‥‥。

あ、このラジオ版アドワーズは音声ではなく、HD Radio技術を利用したテキスト広告のようですね。

HD Radio放送ではFMでCD並みのデジタルサウンドを提供できるほか、信号にテキストデータを乗せて同時に送信できる。互換レシーバーにアーティスト名や曲名を表示させたり、広告に利用することが可能

なるほど、ラジオ端末にダイレクトにアドワーズ広告が表示されるんだ。

「ローカルのラジオ局にとって新たな収入源になると期待されている」ということですが、広告主としても地域を絞った広告出稿には期待しているでしょうね。

将来的にはPodcastingと何らかの関わりを持ってきたりするんでしょうかね。

■関連記事

米Googleがラジオ広告配信技術の米dMarcを買収

今回の買収についてGoogleの広告営業担当副社長であるTim Armstrong氏は「Googleは、ターゲットされた計測可能な広告をほかの形態のメディアにも拡大していくための新しい方法をいつでも探求している」とコメント。