ライブドアに売り注文殺到 東京地検強制捜査を嫌気という記事より。

証券取引法違反事件の影響を嫌気した売り注文が殺到、午前の取引では値幅制限の下限となるストップ安水準(596円)の売り気配のまま取引が成立せず値が付かなかった。

やはり事件の影響でストップ安に、しかも取引が成立しない状態になってしまったそうです。よい具合に株価が上昇していたので、個人投資家で所有していた方も多いのではないかと。

「売り注文は約2億6000万株に膨らみ、買い注文(約290万株)の約90倍」になったそうです。

ぼくもライブドア株は持っていたのですが、既に売ってしまっています。売った後も株価が上がり続けていたのですが、結果オーライでした。逆にもっと下がれば買いかもしれませんね。

堀江社長が会見「心配かけたことおわびしたい」という記事によれば、堀江社長は「捜査には全面的に協力している。関係者の皆様に心配をかけたことをおわびしたい」と話しているそうです。

自身の進退問題に関しても「捜査に協力した上で決めたい」と。まさか辞めるなんてことはないとは思いますが。