ライブドア、第三者割当増資とTOBでメディアエクスチェンジを子会社化へという記事。

ライブドアは22日、商用IX事業やデータセンター事業などを展開するメディアエクスチェンジ(MEX)と資本・業務提携することで基本合意したと発表した。

第三者割当増資を引き受けつつ株式公開買付(TOB)も実施し、MEXを子会社化するそうです。

ライブドアのデータセンター事業といえばデータホテルがありますが、「今後の当社のさらなる発展においては、急激なサービス拡大やユーザー数増加に耐えうる高度なITインフラが必要不可欠となっている」とコメントしています。

「ライブドアグループのコンテンツの安定稼働」というのがけっこう重要なポイントかもしれません。

ライブドア、メディアエクスチェンジを60億円で子会社化によれば、

一方、メディアエクスチェンジはiDC事業の価格競争が激しいことから、付加価値のあるサービスを展開することが急務となっていた。

ということなので、お互いにメリットのある提携になったようですね。

■関連記事

ライブドア、MEXを子会社化

12月12日払い込みの第三者割当増資を引き受け、MEX株の41.7%を約49億円で取得。