ディスプレイメーカーのイーヤマが民事再生法を申請という記事より。

ディスプレイメーカーのイーヤマは11月7日、民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請した。負債総額は178億7800万円。

ディスプレイメーカーのイーヤマが民事再生法の適用を申請したそうです。負債総額は178億円。ちょっと驚きました。

1953年創業のイーヤマは低価格のPC用ディスプレイメーカーとして知られる。「iiyama」ブランドのディスプレイを国内外で販売していたほか、2000年からはパソコンの生産も手がけていた。

50年以上の歴史のある企業だったんですね。

2001年3月期の売上高が約614億1600万円だったのが、2005年3月期には約119億5300万円にまで落ち込んでいたそうです。低価格が影響したとか。

イーヤマ、民事再生法の適用を申請によれば、「MCJからの支援を受けるため、協議」に入っているそうです。

MCJは2005年9月に秀和システムを買収しています。

■関連記事

イーヤマ、民事再生手続きを申し立て〜MCJ傘下で再建へ

イーヤマは低価格の17型CRTで知名度を上げ、現在は液晶ディスプレイと自社ブランドのPCを主力商品としていた。

イーヤマが民事再生申し立て

新ブランド「e-yama」を立ち上げた上、固定費圧縮などの経営改善を進めたが、競争激化で販売力・利益率とも低下。2005年3月期の売上高は約120億円にまで落ち込んでいた。