楽天、TBSの要請無視!!19%超に買い増しという記事より。

TBSに経営統合を提案している楽天が、TBS株を19%超まで買い増したことが26日、明らかになった。

紳士的と言われていた楽天・三木谷社長。いったいどうしたんでしょうか。敵対的買収のようになってきてしまいました。

「TBSは提案に慎重な姿勢で、株式を買い増さないよう求めていたが、楽天は要請を無視したことになる」と記事。

「どうして買ってはいけないのか僕には分からない」 -TBS株取得で楽天の三木谷社長という記事もありました。

「市場性のあるものなので、交渉の進展には関係ない。(経営統合が)成就するなら、株の買い増しはTBSにとってもプラスになる」と主張したそうです。確かに公開されている株を買い増しするのは何ら問題ありませんが、「らしくない」ですね。

三木谷社長 TBS拒否なら敵対的買収へによれば、「TBSが提案を拒否すれば、増資で調達した資金などを活用してTOBによる敵対的買収に踏み切る構え」だそうです。

テレビ局との提携は楽天の必然 唐突な“結婚”は危機感の表れという記事には、ヤフーにもなれず、専門性を持った価格.comのようなサイトでもない楽天市場の焦りがある、と分析されていました。

このように「焦り」や「危機感」がにじみ出てしまっているのが、今までの楽天・三木谷社長らしくないですね。

■関連記事

三木谷社長「野球協約違反には当たらない」

TBS株取得が複数球団の株式所有などを禁止している野球協約に違反するとされた問題について、三木谷社長は「親会社が公開企業である以上、(球団を傘下に置くことを)意図せずに株式を取得する場合もある」と述べ、協約違反には当たらないとの認識を示した。