「のまネコ」グッズのロイヤリティは受け取らない〜エイベックスが方針という記事より。

ゼンが「米酒」とともに登録出願していた「のまネコ」という名称の商標については言及されなかったため、この名称を使ったグッズの販売は継続するのではないかと見られていた。これに対してエイベックスでは、その後も意見や批判に耳を傾けて検討した結果、今回の決定に至ったという。

今回は「同社社員や社長らに対して殺害予告があったことを受けたものではない」と説明したそうです。なんとなく対応が迷走してしまっている感じもしますね。

これを受けひろゆき氏「パクリ疑惑を実質認めたようなもの」というコメントが。

「とりあえず、謝罪してキャラクター使用料を放棄するというのは、のまネコのパクリ疑惑に関しては実質認めたようなものだと思います」

エイベックスが辞退した「のまネコ」使用料はグッズを販売したタイトーに入るのでしょうか。ひろゆき氏が「まさかネコババするなんてことはないですよね?」とチクリ。