ホリエモン宇宙旅行ビジネスに参入するそうです。

ライブドアの堀江貴文社長(32)は16日、福岡市で始まった国際宇宙会議福岡大会の会場で記者会見し、世界各国を対象とした宇宙旅行ビジネスに、08年にも参入する計画を発表した。

ホリエモンが、会社としてではなく個人で宇宙開発プロジェクト「ジャパン・スペース・ドリーム」を開始するそうです。

数十億円を投資し、22億円と言われている費用を10分の1以下にする、3年後に有人飛行が目標ということです。

前々から宇宙への憧れを口にしていたので、自然な流れだと思いました。しかし個人が数十億円の資材を投じて宇宙開発企業というのは豪気な話です。

ロシアの宇宙機関が保有し、現在は利用されていないカプセル型の小型宇宙船(高さ約8メートル、直径約2メートル)を使用することにしており、カプセルの使用権を持つ米国企業と独占的な契約を結んだ。

このカプセルは1974年から1983年にかけて、実際に打ち上げられていたそうです。

■関連記事

ホリエモン20××年宇宙の旅

今回のプロジェクトは、何度もロケット打ち上げを成功させた実績と技術力を誇るロシアの宇宙機関「NPOマシーナストレイヤナ」と、カプセルを保有する米企業エクスカリバー・アルマズを運営母体とし、堀江社長が投資する形でスタートする。