MicrosoftとRealNetworksが独禁法訴訟で和解、音楽配信とゲームで提携もという記事より。

米RealNetworksが米Microsoftを相手取って起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟などで、両社は11日、和解することで合意したと発表した。

MicrosoftとRealNetworksが和解ですか。MicrosoftがRealNetworksに対して、7億6,100万ドルを支払い、さらに音楽配信やゲーム分野などの提携もするそうです。

訴訟は2003年12月に米国で起こされていたもの。RealNetworksでは、Microsoftが自社製品と競合するメディアプレーヤーソフトをPCメーカーがインストールするのを妨害し、独占的な力を利用して消費者の選択を制限してきたと主張していた。

Windows Media Playerがある訳ですが、RealPlayerとの関係はどうなるのでしょうね。記事によれば「ユーザーがReal形式のファイルを再生しようとした場合に、対応するソフトがなければ、ユーザーをRealPlayerのダウンロードサイトに誘導する機能も考えている」ということで、将来的に住み分けという方向なのでしょうか。

またMSNを通じ、RealNetworksの音楽配信サービス「Rhapsody」も利用可能になるとのことです。MSNの検索結果から「Rhapsody」にリンクするなどだそうです。

和解に至る背景には、やはりAppleの著しい成長があるのでしょうね。

リアルネットワークスとMSが和解、提携してアップルに対抗によれば、

 「アップル社は素晴らしい製品を生み出しているが、最終的に消費者は選択肢を求め、開放的な環境を選ぶとわれわれは確信している」と、グレイザーCEOは述べた。

ということです。

■関連記事

MSとRealNetworksが独禁法問題で和解 - 支払い総額7億6100万ドル

両社は、Windows MediaとRealのHelix Digital Rights Managementの相互運用性の強化でも協力する。非Windowsベースのポータブル機器やパソコンで、RealがWindows Media DRMを用いたコンテンツを再生できるようにする。