楽天とNTTドコモが提携、12月に新会社「楽天オークション」設立という記事より。

「楽天フリマ」を担当していた楽天のEC事業カンパニートレーディング部(10月1日付でオークション事業準備室に改組)と、開発本部フリマプロデュース部に属する資産や契約、人員を新会社として分割する。

楽天は、インターネットオークション事業部門を会社分割し、12月1日に「楽天オークション」を設立すると発表しています。新会社にはNTTドコモも40%出資するとのこと。

新会社による具体的なサービス開始時期やイメージは明らかにされなかったものの、当面は事業を継承した楽天フリマに何らかの機能を追加したサービスをPC向けにも携帯電話向けにも提供するよう開発を進める。

Yahoo! オークションの一人勝ちのようなところがありますから、携帯電話でのオークションをコアにして、てこ入れしたいというところでしょうか。

「4,500万のiモードユーザーと約1,730万人の会員を抱える楽天との相乗効果と、PC向けサービスと携帯電話向けサービスのシームレスな連動」というのはうまくいけば強力です。