MCJ、PC出版の秀和システムを買収だそうです。

PCメーカーのMCJは9月8日、PC関連出版社の秀和システムを約40億円で買収し、100%子会社化すると発表した。

PCメーカーが出版社を、しかも40億円で買収するというちょっと驚きのニュース。解説書を電子化して販売するなどの相乗効果が見込めるという判断だそうです。

MCJは秀和システムをメディア戦略の中核に位置付け、PCや周辺機器販売事業とのシナジーなどから連結業績の向上が見込めるとしている。

確かに、秀和システムはPC関連の出版社ですが、電子化書籍がどのくらい売れるのかとか、未知数の部分も意外に大きいような気がします。それぞれの会社が持つカルチャーも大きく違うでしょうから、いろいろと地殻変動がありそうですね。

しかし、ぼくが書いたビジネスブログのつくりかたは秀和システムですので、是非とも頑張って欲しいところです。

ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!

■関連記事

MCJ、出版社秀和システムを完全子会社化

MCJによれば、9月8日時点で具体的な協業の計画はないが、秀和システムの子会社化により、両社事業に多くの相乗効果が発生するだろうとしている。

MCJがIT関連出版の秀和システムを完全子会社化

子会社となる秀和システムの2004年7月期決算は、売上高が21億6819万円(前期比8.0%減)、営業利益が2億4757万円(同29.2%減)、純利益が1億5215万円(同20.5%)と減益減収。