ACCESS、PalmSourceを買収というニュースより。

組み込み向けブラウザ「NetFront」で知られるACCESSは9月9日、Palm OSを開発する米PalmSource株式を100%取得すると正式発表した。

IT系で日本企業がアメリカ企業を買収するのは珍しいですね。潜在株式を考慮した場合の買収総額は約358億円に上るそうです。

「PalmSourceが持つ優れたユーザーインターフェース技術などを取り込み、携帯電話向けアプリケーションを拡充する」という目的だそうです。

PalmSourceが開発しているPalm OSはどういう取り扱いになるのでしょうね。日本に携帯電話にPalm OSが搭載されるとか、そういう可能性はあるのでしょうか?

■関連記事

ACCESS、米PalmSourceを約344億円で買収へ

なおPalmSource社は、今年1月に中国China MobileSoftを買収し、携帯電話向けLinuxテクノロジを獲得。現在は、LinuxベースのPalmOSの開発を進めている。

ACCESS、Palm OS開発の米PalmSourceを買収

ACCESSでは、「PalmSourceを実質的に子会社化することにより、PalmSourceが保有するユーザーインターフェイス、アプリケーション、開発者コミュニティを取り込み、携帯電話向けアプリケーションの拡充が図れると期待している」とコメント。