B076WNJ1K8

出版科学研究所の調査によると、書籍と雑誌を合わせた2017年の出版物推定販売金額は約1兆3,700億円で、ピークだった1996年の約52%まで縮小する見通しとのことです。出版不況深刻化 漫画単行本の売り上げ激減影響という記事になっていました。

調査は、出版物の1~11月の販売実績を基に、通年の推定金額を予測したもの。雑誌(漫画単行本含む)は、前年比約10%減の約6600億円、うち漫画単行本だけで見ると前年比約12%落ち込むとみられる。

「長年、出版界を支えてきた漫画単行本の売り上げが激減していることが影響」しているということですが、恐らくこの数字が巻き返していくということはないのでしょうね。出版に関しても、さらに電子書籍を購入する人も増えるでしょうし、特にマンガの単行本を購入するような若い人ならなおさらではないでしょうか。

書籍は前年比約3%減の約7150億円となる見通し。雑誌は20年連続、書籍は11年連続の前年割れ。

音楽もCDではなくダウンロード販売になり、さらに月額固定のサブスクリプションサービスに移行しつつあります。出版業界も、恐らくそういう方向になるのかな、と思いますし、月額固定でマンガ雑誌とか読めると嬉しいなぁ‥‥と思いますよね。