お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の新作「劇場」が掲載された「新潮 4月号」が発売されました。芥川賞受賞後の最初の新作となります。「劇場」は恋愛小説だそうです。又吉さん、新作は初の恋愛小説 3月発売「新潮」に長編という記事になっています。

お笑い芸人で作家の又吉直樹さん(36)が、芥川賞受賞後第1作となる新作小説を発表する、と新潮社が13日発表した。初の恋愛小説となる「劇場」で、400字詰め原稿用紙300枚の長編。

「二作目は、周りの反応が一回聞こえてしまったり、一作目より良いのを書こうと思ってしまったりするから、絶対一つ目より難しいんですよ」とインタビューで語ったそうですが、芥川賞を受賞した後だけに注目も大きいでしょうからね、良い声も悪い声も聞こえてくるのでしょう。

Amazonでは文芸雑誌カテゴリーのベストセラー1位となっています。

▼創作 芳川泰久「やよいの空に」/大城立裕「B組会始末」
▼対談 黒川創+加藤典洋 「『岩場の上から』から見えたもの」
▼書評 いしいしんじ 「村上春樹『騎士団長殺し』論」