4062177331

おお、あのモーニングで「かみにえともじ」というコラムを連載していた本谷有希子さんじゃないですか! イラストが榎本俊二ですし、連載当時は愛読しておりました。楽しい文章を書かれる方だと思っていたのですが、ピース又吉に次ぐ第154回芥川賞を受賞されたそうです。おめでとうございます!

声優、女優、劇団主宰…「又吉後」芥川賞は超多才36歳美人ママという記事になっていました。

女優、声優活動を経て2000年に「劇団、本谷有希子」を旗揚げ。02年に小説家デビューして以降も05年から1年間、ニッポン放送「本谷有希子のオールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めるなど、幅広く活動した。

過去に3度も候補入りしていたことがあるそうで、4度目にして芥川賞の受賞となりました。ピース又吉の後ということでもあり、注目を集めるのではないかと思いますが、マルチに活動する本谷有希子さんなので、これまた話題になりそうです。

過去に3度候補入りしながら受賞を逃してきただけに「獲れるとは全く思っていなかった」。受賞の連絡は家で受け取り、「慌てて出てきたので間違えて…」と片方ずつ違った靴下を履いてきたことを明かし、会場の笑いを誘った。

「うれしいかどうかは頭が真っ白で分からない」とコメントされています。2015年10月に出産したばかりで、妊娠中に書いていた小説だそうです。

受賞作品は「自分の顔が夫とそっくりになっている妻を主人公に、他人同士が一つになる“夫婦”の不思議と滑稽さを描いた」という「異類婚姻譚」です。

おめでとうございます!

滝口悠生さんの「死んでいない者」とのダブル受賞です。直木賞は史上2番目の高齢となる67歳の青山文平さんが「つまをめとらば」で受賞しています。

■関連記事

ピース・又吉直樹「火花」芥川賞を受賞

芥川賞、23歳OLの青山七恵さんが受賞

川上未映子と阿部和重、芥川賞作家同士が結婚

「文筆歌手」川上未映子「乳と卵」で芥川賞を受賞

芥川賞に伊藤たかみ氏、妻の角田光代さんは直木賞作家

芥川賞は絲山秋子、直木賞は東野圭吾

芥川賞の西村賢太さん「風俗に行こうと思っていたが、行かなくてよかった」

芥川賞→楊逸「時が滲む朝」直木賞→井上荒野「切羽へ」