B003L1YRMM

月刊音楽誌「スイングジャーナル」が、2010年6月19日発売の7月号を持って休刊することが発表されています。

スイングジャーナル休刊へによれば「広告収入の減少が主な原因」ということです。

発行元のスイングジャーナル社によると、同誌は1947年に創刊。鑑賞する音楽としてのジャズを提唱し、海外の名盤などをいち早く紹介。マイルス・デイビスやジョン・コルトレーンといった海外の大物ジャズミュージシャンのほか、渡辺貞夫、日野皓正らを特集するなど、日本のジャズ文化のすそ野を広げる中心的な役割を担ってきた。

「戦後の日本のジャズ文化をけん引し、63年の歴史がある」ということで、その休刊を惜しむ声も多いんじゃないかと思いますが。

編集長は「何とか復刊を目指し、努力したい」とコメントしています。

こうした歴史のある雑誌がなくなるのは残念ですが、事実として「読まれなくなっている」とこともあるので複雑です。

音楽誌「アドリブ」休刊へというのもお伝えしましたが、同じくスイングジャーナル社の雑誌でした。

Swing JOURNAL (スイングジャーナル) 2010年 05月号 [雑誌] (雑誌)

B003FO0K1M

Swing JOURNAL (スイングジャーナル) 2010年 06月号 [雑誌] (雑誌)

B003L1YRMM

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ
「読売ウイークリー」休刊へ
小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ
「南日本新聞」夕刊休刊へ
「コミックチャージ」2年で休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を検討中
「主婦の友」休刊へ
「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ
「知恵蔵」休刊
「エルマガジン」休刊へ
映画雑誌「ロードショー」休刊へ
「LOGiN」休刊へ
「コミックヨシモト」休刊
ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ
「コミックボンボン」休刊へ
「月刊少年ジャンプ」休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を正式発表
「インターネットマガジン」が休刊に
「週刊ゴング」休刊へ
無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊
「ダカーポ」休刊へ
「NIKITA」休刊へ
「薔薇族」が休刊
「Hotwired Japan」が3月末で休刊
「STUDIO VOICE」休刊へ
「マリ・クレール」休刊
「フォーブス日本版」休刊へ
「Hanako WEST」休刊へ
求人誌「ガテン」休刊へ
「PINKY」休刊へ
小学館「sabra」休刊へ
小学館「ChuChu」休刊へ
「小学五年生」「小学六年生」が休刊
学研「科学」「学習」休刊へ
「ネトラン」休刊
二玄社のクルマ雑誌「NAVI」休刊へ
「格闘技通信」休刊
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊へ
音楽誌「アドリブ」休刊へ
「スコラ」休刊

■関連記事

スイングジャーナル休刊へ

スイングジャーナル誌で評論を執筆していた大橋巨泉氏「ひとつの時代の終わりを告げていると思う。かつてはスイングジャーナルに原稿を頼まれると、僕たち若いジャズ評論家は、天にも昇るような気持ちだった。ただ、今ではジャズはレコード音楽として残っているだけで、食べ物屋のBGMになってしまっている。熱心なジャズファンに支えられて、ここまでもったのだろう」