「小学五年生」と「小学六年生」が休刊という記事より。

大手出版社の小学館は26日、子供向けの学年別学習雑誌「小学五年生」と「小学六年生」を2009年度いっぱいで休刊すると発表した。

小学館、ついに「小学五年生」「小学六年生」も休刊ですか!

「小学○年生」ってなんだろ、憧れとかそういうものじゃなかったけど、読んで当たり前というか、そういう類いの雑誌だったんですけどね。20年以上前は、ですが。

「小学五年生」は来年2月3日発売の3月号で、「小学六年生」はことし12月28日発売の2・3月合併号で休刊となる。「小学一年生」など、ほかの学年雑誌は継続する。

成長するにつれて、自分で選び取るようになるだろうし、ましてや接触するメディアも増えるので「小学○年生」的なものには魅力を感じなくなるんでしょうかねぇ。

「両雑誌は1922年の同社創業とともに発刊」ということなので、本当に看板雑誌ですよね。それでもドラえもんがいるから大丈夫なのでしょうか、小学館。

↓今はこんな表紙なのですね。なんとなく迷走っぷりを表しているような‥‥。

小学六年生 2009年 11月号 [雑誌] (雑誌)

B002O02W1Y

小学五年生 2009年 11月号 [雑誌] (雑誌)

B002O02W1O

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ
「読売ウイークリー」休刊へ
小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ
「南日本新聞」夕刊休刊へ
「コミックチャージ」2年で休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を検討中
「主婦の友」休刊へ
「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ
「知恵蔵」休刊
「エルマガジン」休刊へ
映画雑誌「ロードショー」休刊へ
「LOGiN」休刊へ
「コミックヨシモト」休刊
ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ
「コミックボンボン」休刊へ
「月刊少年ジャンプ」休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を正式発表
「インターネットマガジン」が休刊に
「週刊ゴング」休刊へ
無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊
「ダカーポ」休刊へ
「NIKITA」休刊へ
「薔薇族」が休刊
「Hotwired Japan」が3月末で休刊
「STUDIO VOICE」休刊へ
「マリ・クレール」休刊
「フォーブス日本版」休刊へ
「Hanako WEST」休刊へ
求人誌「ガテン」休刊へ
「PINKY」休刊へ
小学館「sabra」休刊へ
小学館「ChuChu」休刊へ

■関連記事

「小学五年生」など09年度いっぱいで休刊へ

両雑誌は1922年の同社創業とともに発刊し、その後1~4年生向けにも刊行。小学生の学年別の学習雑誌として親しまれてきた。

「小学五年生」など休刊

同社によると、73年に「小学五年生」が63万5千部、「小学六年生」が46万部を誇ったが、近年は5万~6万部まで低迷していた。

全盛期の10分の1…“小学生の友”姿消す

しかし、近年は5万~6万部に低迷。同社はその原因について「小学校高学年の趣味や嗜好(しこう)の多様化が進み、また男女の性差がさらに顕著になり、情報も細分化した」と説明する。