「マリ・クレール」が休刊へという記事より。

アシェット婦人画報社(東京)の月刊女性ファッション誌「マリ・クレール」が、7月28日発売の9月号で休刊することが30日、分かった。

月刊女性ファッション誌「マリ・クレール」が、7月28日発売号をもって休刊することが明らかになりました。

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ
「読売ウイークリー」休刊へ
小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ
「南日本新聞」夕刊休刊へ
「コミックチャージ」2年で休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を検討中
「主婦の友」休刊へ
「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ
「知恵蔵」休刊
「エルマガジン」休刊へ
映画雑誌「ロードショー」休刊へ
「LOGiN」休刊へ
「コミックヨシモト」休刊
ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ
「コミックボンボン」休刊へ
「月刊少年ジャンプ」休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を正式発表
「インターネットマガジン」が休刊に
「週刊ゴング」休刊へ
無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊
「ダカーポ」休刊へ
「NIKITA」休刊へ
「薔薇族」が休刊
「Hotwired Japan」が3月末で休刊

自分でピックアップして驚きましたが、いやはやすごい数ですね。出版業界で考えれば、これでも一部なのでしょうけど。

フランスの同名誌の日本語版として1982年、中央公論社(当時)から創刊。99年からは角川書店、2003年からアシェット婦人画報社で刊行されていた。

「経済状況の悪化と広告収入の減少も決断に至った要因の一つ」というコメントが出ています。

marie claire (マリ・クレール) 2009年 07月号 [雑誌] (雑誌)

B0029QUX7S

■関連記事

「マリ・クレール」休刊…アシェット婦人画報社

月刊女性誌「マリ・クレール」が7月28日発売の9月号で休刊することが分かった。発行元のアシェット婦人画報社は、広告収入の落ち込みが原因としている。