村上春樹氏新作「1Q84」100万部突破という記事より。

新潮社は9日、作家村上春樹氏(60)の5年ぶりの新作長編小説「1Q84」(全2巻)の発行部数が、発売から約2週間で計100万部を突破したと発表した。

村上春樹氏の新作「1Q84」が、2巻合計で100万部を突破したそうです。

・BOOK1 56万部
・BOOK2 50万部

ということで、かなりの人がまとめ買いしているようですね。

初版部数はそれぞれ20万部と18万部だった。先月29日の発売前から書店からの注文や予約が相次ぎ、連日増刷を重ねて9日で8刷になった。

テレビでもあの分厚い本が話題になったりしてますね。出版不況と言いつつも、話題になってバカ売れする本はある、と。

どういう内容なのかと思ったら、

同作は1984年の日本を舞台に、現実からずれてしまった「もう1つの世界」を描く。英国の作家ジョージ・オーウェルが小説「1984年」で未来として描いたこの年を、現代からさかのぼり「近過去」として描いた。

というものだそうです。「1Q84」は「1984年」からきてましたか。

村上春樹氏というと、イスラエルのエルサレム賞授賞式のスピーチが思い起こされる訳ですが「あのスピーチでコアなファン以外の人も関心を持ったようだ」と出版社の担当者は分析しています。

1Q84 BOOK 1 (単行本)

4103534222

1Q84 BOOK 2 (単行本)

4103534230

■関連記事

村上春樹さん新作「1Q84」が100万部突破

同社の担当者は「全国的に書店で品切れ状態となっているが、11日以降に増刷分が市場に出回る見込み」と話している。

村上春樹の新作小説「1Q84」が100万部突破

新潮社によると、内訳は1巻目の「BOOK1」が56万部、「BOOK2」が50万部。初版部数はそれぞれ20万部と18万部だった。