ベストセラー盗用疑惑、TDL逸話集「最後のパレード」という記事より。

東京ディズニーランドでの客とスタッフのエピソードを集めた本としてベストセラーになっている「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」(サンクチュアリ・パブリッシング発行、中村克著)に、読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品がほぼそのまま収録されていることがわかった。

ディズニーランドでの客とスタッフの心温まるエピソードを集めベストセラーになっている「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」に盗作疑惑が持ち上がっているそうです。

読売新聞掲載の作品とほぼ同じ内容だったのは「大きな白い温かい手」と題された文章で、脳梗塞(こうそく)で障害が残った車いすの夫とその妻が、「ドナルドダック」に背中や腕をさすられ、感激したという話。

読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品ということですが、しかも「ディズニーランドではなく、地元の遊園地に出かけた時のことを書いた」のだとか。

さらに、他にも2ちゃんねるで投稿されたディズニーランドで感動した話と類似したものも多数、同署には収録されているということです。

参考文献として「関連サイトの情報を参考にさせていただきました」という記載はあるそうですが、そのまま掲載することが問題になるとは思わなかったのでしょうかね。

「ネットなどいろいろなところから題材を仕入れたと本にも書いてある」と著者はコメントしているそうです。

発行元のサンクチュアリ・パブリッシング社長のコメント。

「エピソードは、著者が見聞きしたり、ディズニーランドの社内で語り継がれたりしている話だと聞いているが、ネットや新聞に酷似した文章があるとは知らなかった。著者や編集者から詳しい経緯を聞きたい」

著者である中村克氏は、オリエンタルランドに入社し15年間、社員指導などを担当していたということです。

Amazonカスタマーレビューも反応していますね。盗用を指摘しているものもありました。

最後のパレード 「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」 (単行本)

4861139295