ホリエモンこと堀江貴文氏の著書「徹底抗戦」が発売されます。最近になってメディアに登場したりする機会が増えているのと、やはり何か同期してるのでしょうかね。

ホリエモン独占インタビュー「僕が首相になっていたら」というのもありましたよ。「客観的に安倍さんのいいところって何でしょうかね。ないでしょ。みんなそう思っていたわけでしょ」など、ホリエモン節が炸裂しています。

「参議院を廃止して、定数を(全体の)3分の1くらいにしたらいい」「道州制を早期に導入する。そして権限をどんどん移譲していく」といった、ホリエモン流列島改造論も披露されています。

Amazonではホリエモンが「徹底抗戦」について語っている動画も見られます。

徹底抗戦

数年前、日本を騒がせた「ホリエモン旋風」と「ライブドア事件」について、マスコミ報道は山のようにあったが、堀江氏から見えていた風景はまったく違うものだった。それを自ら書き下ろすことで、「ホリエモンとライブドアの真実」を明らかにし、堀江氏逮捕がいかにおかしな、検察の暴走・横暴によるものだったかを明らかにする。

徹底抗戦