がんが治ったとしている本の中にはトンデモなものもあったりすると思うのですが、そうは言っても一縷の望みにすがりたいという気持ちも分かります。

というところで「末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父」なのですが、フジテレビのニュースキャスターである黒岩祐治氏が、お父さんのがん闘病の物語を分析した本でして「宋文洲のメールマガジン」でご本人が紹介されていて知りました。

“奇跡”について書くことはためらいがあったとしていますが、鍵を握っているであろう「中西医結合医療(中国伝統医学の漢方と西洋医学を結合した新しい医療)」について書いているそうです。

末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父 (介護ライブラリー)

末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父 (介護ライブラリー)