浦和パルコの紀伊国屋でフラリとサッカーコーナーに立ち寄ったら「サッカー戦術クロニクル」という本があったので衝動買い。そういえば、きちんと戦術ことについてある本て読んだことないんです。

浦和レッズも来年はフィンケ監督ですし、ぼくも新たな視点を手に入れて2009シーズンを迎えたいと思います(そんなに簡単に分かるか? というのは置いといて)。

西部謙司はフリーのサッカージャーナリストで「スポニチワールドサッカープラス」でもコラムを書かれてました。

サッカー戦術クロニクル

戦術というと、すぐにフォーメーションの話になってしまうが、人の並べ方は戦術の一部にすぎない。選手を配置しただけで勝てるなら簡単だ。どういうプレーが有利かを考えて、それをチームで実現する段取りを組み、最終的に人の配置が決まってくる。フォーメーションだけをあれこれいじってみても、仏つくって魂入れずということになりがちである。

サッカー戦術クロニクル