読売ウイークリー休刊へという記事より。

読売新聞社は29日、週刊誌「読売ウイークリー」を12月1日発売の「12月14日号」で休刊すると発表した。総合雑誌として創刊以来65年の歴史を持つが、最近は部数が減少していた。

「マミイ」と同じタイミングで、読売新聞社も週刊誌「読売ウイークリー」の休刊を発表しています。

1943年 月間読売
1952年 週刊読売
2004年 Yomiuri Weekly
2005年 読売ウイークリー

非常に歴史のある雑誌なのですが、短期間で名称変更したあたりから迷走というか低迷が始まっていたのでしょうか。

2000年には約40万部だった発行部数も、今年は約10万部に減少していたということです。

「週刊誌市場の縮小傾向や、メディアの多様化が進む中で休刊を決めた」と読売新聞東京本社広報部。

電車の中では週刊誌を読むのではなく、携帯電話をいじっている人の方が多いですからねぇ。ぼくも手元にマンガがない時は、すっかり「iPhone」をいじり倒してますよ。