2007年の「M-1グランプリ」で、初めて「敗者復活」から優勝まで辿り着いた「サンドウィッチマン」による初のエッセイ集「敗者復活」です。

「敗者復活」は「サンドウィッチマン」にとってのキーワードなのでしょうね。

サンドウィッチマン「相方の自殺恐れた」という記事によると「コンビ名を何度も変えたり、解散危機に陥ったりの苦労の日々」が綴られているらしいのですが「富澤が自殺するのでは?」と伊達が不安を募らせたという告白も衝撃的です。

敗者復活

敗者復活