裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)

なんかすごいタイトルの本だと思ったら、プロフィールもすごい人でした。強くなりたいと男子柔道部に入部し、全日本女子柔道ジュニアオリンピックカップ-48kg以下級で7位に入賞したことも。

先進国の消費者が本当に欲しいと思うものを途上国で作るために、マザーハウスという会社を設立したそうです。

コレがブログなのですが「情熱大陸」に出演して話題になっているみたいですね。商品を見ると、確かにこれは欲しくなりそうです。

イジメ、非行……居場所がなかった青春。強くなりたいと入部したのは「男子柔道部」。そして偏差値40から3ヵ月で一流大学合格。大学を卒業し、本当の現場を見たいと渡ったアジア最貧国バングラデシュ。腐敗にまみれた国で見つけた眠る素材、出会う人々。やがてバッグ造りで起業を決意。数々の失敗、挫折、裏切りに遭いながらも歩みを続け、途上国発ブランド マザーハウスを軌道に乗せて各マスコミで最注目の女性の、明日へ向かう力に溢れたノンフィクション!

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)