スポンサードリンク

クリエイターズ Second Life セカンドライフでもの作りしたい人が読む本

スポンサードリンク

「クリエイターズ Second Life セカンドライフでもの作りしたい人が読む本」を献本で頂きました。ありがとうございます。

R0013193-1

スポンサードリンク

「Second Life」のユーザ数が思ったほど増えないとか、それは分かりきっていたことではないかと思います。

少なくとも自分で使ってみて「これは万人向けじゃないよなぁ」と思ったのが、ちょうど1年前でした。

しかし、自分で何かを作れる人には、この上なく楽しい空間ではないかと思ったのも事実です。ですから「Second Life」で遊べる人はきっと選ばれる、と。

この本は「Second Life」自体の入門本ではなく「セカンドライフでもの作りしたい人が読む本」とあるように、何かを作りたい人向けの本です。

R0013194

オブジェクトの説明、操作の方法から、実際にものを作る方法が紹介されています。

具体例として、サンダルの作り方やパズルの作り方が紹介されているのですが、本当になんでも作れるんですね‥‥。

「Second Life」で何かを作ってみたいと思っていた人、英語がよく分からないけどとっかかりが欲しかった人など向けかな、と思います。

ちなみに著者は、

Shooting Oh, Ryuji Duell, Kuranosuke Kamachi, viola Congrejo, ikuko spinotti, katsuzo Boa, Mika Mip, Hidenori 'GOTTi' Glushenko, Eitaro Igaly

こんな風になっていますが、みなさん「Second Life」での名前です。

クリエイターズ Second Life セカンドライフでもの作りしたい人が読む本

クリエイターズ Second Life セカンドライフでもの作りしたい人が読む本

スポンサードリンク

前へ

林信行「スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡」

次へ

FFmpegで作る動画共有サイト