女性シンガー川上未映子さんが芥川賞という記事より。

第138回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が16日、東京・築地の「新喜楽」で行われ、芥川賞は川上未映子さん(31)の「乳(ちち)と卵(らん)」(文学界12月号)、直木賞は桜庭一樹さん(36)の「私の男」(文芸春秋)に決定した。

もともと歌手として活動していた川上未映子さんが「乳(ちち)と卵(らん)」で芥川賞を受賞しています。

なんと、作家デビューからわずか1年での受賞だそうです。

受賞作「乳と卵」は、東京で暮らす未婚女性、豊胸手術を受けようと大阪から上京した姉、思春期の入り口にいるその娘という女性3人の物語。「女性であること」を通じて「私とは」「生きるとは」という命題を、大阪弁交じりの冗舌な文体でつづった。

2002年に歌手デビューしたものの奮わず。2005年に作詞、作曲、編曲などセルフブロデュースした作品「頭の中と世界の結婚
」の歌詞が話題となり、出版社から「詩を書いてほしい」という声がかかったのだとか。

結果「早稲田文学」で詩を発表するようになり、「わたくし率イン歯ー、または世界」が前回の芥川賞候補にもなっていたということです。

川上未映子さん歌手から芥川賞では、

「まだ、大阪弁のノリやグルーブが、書き言葉に近づいていない。『すまない、大阪弁』という感じです」

というミュージシャンらしいコメントも紹介されています。

「少しでも知ってもらおうと始めたブログが好評で、詩や小説の依頼が舞い込んだ」とも書かれていますね。

ブログは「川上未映子の純粋悲性批判」というのがありました。

Mieko Blog1

ブログの文体も素敵だし、作品のタイトルも自然で面白いし、俄然、興味がわいてきます。

みなさまありがとうございました」という受賞報告のエントリーもあがっています。

一緒にどきどきしてくれはったみなさん、読んでくれはったみなさん、ほんとうにありがとう。 ちょっとばたばたしており、諸々のご連絡とどこおりますが、ほんとうにメッセージありがとうございました。

歌手活動の様子を見たい人は写真館がありましたよ。新聞記事に登場している写真とは、また雰囲気が違います。

芥川賞の「文筆歌手」川上さんのCDへの問い合わせ殺到によると、芥川賞受賞効果でCDの問い合わせが殺到、ビクターエンタテインメントが追加生産に入ったそうです。

■作家活動の作品

わたくし率イン歯ー、または世界

わたくし率イン歯ー、または世界

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります

先端で、さすわさされるわそらええわ

先端で、さすわさされるわそらええわ

■音楽活動の作品

頭の中と世界の結婚

頭の中と世界の結婚
iTunes Storeで試聴するicon

悲しみを撃つ手

悲しみを撃つ手
iTunes Storeで試聴するicon

夢みる機械
iTunes Storeで試聴するicon

はつ恋
iTunes Storeで試聴するicon

瞳バイブレーション (CCCD)

瞳バイブレーション (CCCD)
iTunes Storeで試聴するicon

■関連記事

決め手は「あざとさ」? 芥川&直木賞女性が独占

選考委員の池澤夏樹さんは「文章が良く、滑らかな大阪弁が適度に抑制されてまるで声が聞こえるよう。短編の作り方にたくらみがあり、あざといほど」と高く評価した。

第138回・芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん

川上さんは歌手としても活動。受賞作は姉と妹、姉の娘の3人の姿を通して、心と体の関係や「私」とは何かを冗舌な文体で語る。

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん

受賞したことで作品に影響があるかどうか分からないが、たぶん何か関係してくると思う。小説を書くのは苦しい。それなのに書き続ける理由は分からない。書きたい内容に大阪弁の必要があれば書くが、こだわっているわけではない。読んでもらった人には何か切実なことを感じ取ってもらいたい」