34 だから、私は、結局すごくしあわせに思ったんだ

青木さやかの結婚本です。婚約者が前田健の紹介だった元彼との破局などが明かされているそうです。

結婚する時にエッセイを出版し、いろいろと告白してから結婚するというのが流行るのでしょうか。

34歳、恋愛障害。「欠点だらけでも、好きになってくれる人っているんだ。助かった、とりあえず死ぬまで生きてみるか——」(本書より)現在TVのレギュラー番組を8本持つ人気女性タレント・青木さやかが「思い惑う34歳」の今だから初めて書けた「私小説」。

34  だから、私は、結局すごくしあわせに思ったんだ