ルー語大変換

ルー大柴が再ブレイクしたというのは、本当に感慨深いものがあります。ルー語で流行語大賞だによれば「ルー語」で書かれた「ルーブログ」がきっかけだとありますが、時代が一巡したのでしょうね。

ルー大柴 - Wikipediaを見ていたらテレビの出始めの頃に新聞見出しに「ノレー大柴」や「ルー犬柴」と表記されていたと書いてあって軽く口に含んでいたお茶を吹いた。

今、インターネットでイングリッシュ&ジャパニーズトゥギャザーの「ルー語」で書かれたハートウォームな「ルー大柴ブログ」が大ブレイク中。

ルー語大変換