芳沢光雄「算数・数学が得意になる本」を密かに読んでいました。

中学生までは数学はすごく自信があったのです。ただ、それは量稽古によるもので、数学の本質は全く理解していなかったのだなぁ、と今さらながらに思います。

その証拠に、高校時代は赤点どころか0点まで取りました。これはさすがに自分でも驚いた。なかなか取ろうと思っても取れない0点。

ということで、そんな苦手意識を解消すべく読んだ「算数・数学が得意になる本」でしたが、やはり高校以降の数学は難しいよ。でも、前半の、

・検算の大切さ
・「分数で割る」とはどういう意味か
・非と割合を理解するには
・「負の数」を含む掛け算・割り算

など、本当に基礎の基礎レベルを振り返るのはなかなか楽しかったです。子供が小学生くらいになったら、もう一度読もうと思います。

算数・数学が得意になる本

算数・数学が得意になる本