博士の異常な健康

水道橋博士って健康マニアなのですか。自ら体験取材して書き下ろした書籍だそうです。体験ものは説得力ありますね。カスタマーレビューもかなり高評価です。

『健康本とは、死をゴールと見据えた「遺書」であり、生への執着を後世に残す「医書」である。そして、この本の目指すところは、完全なる実用書であり、有限の貴方の余命すらも、劇的に変えうる可能性もある、“平成の解体新書”を自負するものだ』。

博士の異常な健康