適当論

ソフトバンク新書なんてのがあるんですね。ということで、“適当”が魅力の高田純次を過去のインタビューなどから分析するという書籍。精神科医も分析しています。

ただ高田純次の“適当”だからユーモアがあって許されるのであって、普通に同じことをやったらかなり問題があるような気も。心構えを学べって感じでしょうかね。

高田純次が「テキトー」会見によれば、WBC中継をテレビで見ながらという、まさに適当ぶりだったそう。

発言の「適当さ」「無責任さ」が魅力となり、一般視聴者はもちろん、各界の著名人にもファンの多い高田純次。なぜ人々は彼に憧れるのか? 彼のこれまでの発言とインタビューから、適当に、かつ楽しく生きる方法を学ぶ。本当の「生き方上手」。

適当論