私の脳はなぜ虫が好きか?

本書はそんな養老先生初の「虫エッセイ」。とはいってもただ昆虫の話を書き散らしているわけではない。虫の視点で、ひとを、科学を、社会を、経済を、政治を見つめ、そして語る。「唯脳論」「バカの壁」を生んだ養老学の原点でもある、「虫の目」で考える、面白くってタメになる哲学書、ここに誕生!

私の脳はなぜ虫が好きか?