教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

日本でインターネットの接続実験から約20年、商用インターネットサービス開始から約10年となる2005年春、あの伝説のウェブページ「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史」が教科書になって帰ってきました。時流に合わせて生まれては消えていく個人サイトに焦点を当て、日本のインターネットをネットコミュニティの動向から振り返った民衆史です。

教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

目次

序章 JUNETとfj〜ワールドワイドウェブ以前
  世界一簡単なインターネットの説明
  教科書にも載るニッポンのインターネットの歴史——まずJUNETありき
  ネットニューズの頃
第1章 ニッポンの商用インターネットの草創期(1992〜1995)
  e-zine(だからパーソナルメディアなんだってば)
  なぜ人はウェブ日記を書くのか
第2章 インターネットブームの光と影(1996〜1998)
  テキストサイト誕生前夜(プレ・テキストサイト)
  アンダーグラウンド考古学(僕らはみんな厨房だった)
  WAREZの歴史(前編)
  アングラ掲示板黄金時代
第3章 ウワサ話はネットにのって(1999〜2000)
  インターネットのニューウェイヴ(個人ニュースサイトの夜明)
  あめぞう2ちゃんねる(巨大掲示板群)
  ネットラジオのように
  WAREZの歴史(後編)
第4章 個人サイト新世紀〜そしてウェブログへ(2001〜2004)
  個人サイトの飽和点
  P2P革命
  動画・FLASH(21世紀のコンテンツ)
  ノー・ウェブログ、ノー・ライフ
もうひとつの序章 パソ通フォーエバー(1976〜2006)
  日本パソコン通信史(知らないあなたとヤリトリしたい)
  パソコン通信時代(主要大手商用BBS解説)
  もう一つのニフティサーブ
  アングラ神話の時代(UG系草の根BBS解説)
補章 資料
  大事なことは、みんな雑誌に教わった
  ネット考古学者のためのビブリオグラフ