さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

Amazonのベストセラーをつらつらと眺めていたらこんな書籍が。なかなか面白そうです。

この本は、「会計が嫌い」「会計が苦手」「会計を学んでも意味がない」と思っている方のためにあります。「会計」はけっしてやさしいものではありませんが、《会計の本質的な考え方》はそれほどむずかしくはありません。本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学