差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎というニュース。

ロングセラー絵本として親しまれながら、人種差別的との批判を受け、絶版になったままだった岩波書店版「ちびくろ・さんぼ」が別の出版社から来月復刊されることが2日分かった。

「ちびくろ・さんぼ」が復刊するのですか。懐かしいです。

「ちびくろ・さんぼ」はイギリスのヘレン・バンナーマンが19世紀末に執筆。ジャングルでトラに脅された黒人の子供が、機転を利かせて危機を切り抜ける物語で、日本でも数十種の翻訳が出たが、中でもフランク・ドビアス絵の岩波書店版(1953年発売、光吉夏弥訳)が決定版として100万部以上売れた。

1988年に、内容が「黒人差別を助長する」といった批判が市民団体などから起き、相次いで絶版になっていました。

瑞雲舎の井上富雄社長は、「他の絵本と比較しても文章表現に差別は見あたらないと思う。絵がきれいで親しまれた岩波版は、次世代に残す必要がある」と話している。

「岩波版で収録された二話のうち、さんぼを追いかけたトラがバターになる結末で有名な一話目だけ、ほぼそのままの形で収録」ということで、トラが溶けたバターは、子供心に本当に美味しそうに見えました。

トラのバターのパンケーキ―ババジくんのおはなし

トラのバターのパンケーキ―ババジくんのおはなし