アフィリエイトでめざせ!月収100万円―ウェブサイトでバナー広告収入を得る秘訣とは?

本書は、スーパーアフィリエイターになるための羅針盤です。誰かの真似をするのではなく、自分にあったサイト構築をするためのアドバイスを提供! 小手先のテクニックより考え方の紹介に重点を置き、長期にわたって通用するノウハウの提供を目指しています。ユーザーはオンリーワンコンテンツで喜び、あなたはアフィリエイト収入で喜ぶ。こんな夢のような話を現実にしてくれる一冊です。

アフィリエイトでめざせ!月収100万円―ウェブサイトでバナー広告収入を得る秘訣とは?

アフィリエイトで100万円? そんなにうまい話はそうそう転がっていないです。100万円稼げるノウハウがあれば、ちょっとは人に言うかもしれないけれど、こっそりボコボコ稼ぐと思います。この本もタイトルに「100万円」と入っていますが、100万円稼がせるための本ではありません。100万円稼げるようになるかもしれない、息の長いノウハウを伝えるところにあると思いました。

ということで、アフィリエイトカンファレンスで一緒にパネルディスカッションをしたあびるさんから著書を頂いたので、簡単に感想など書いておきたいと思います。

たとえば最近は、スーパーアフィリエイター達の真似をして立ち上げたと思われる、ショッピングモール型のアフィリエイトサイトをよく見かけます。確かにショッピングモール「だけ」のアフィリエイトサイトでも、ある程度の成果を上げることができます。ただし、それは今だけの話だと思ってください。

この考えたって、けっこう重要で普遍的なんだと思います。SEOが流行した時も、バーッと裏技的なものが登場したり、いわゆるスパム行為が横行しました。しかし、それは一時のもので、検索エンジンはきちんと対策してきました。その頃言われたのが、正しいウェブサイトを作りましょう、コツコツと誠心誠意作りましょう、ということでした。検索エンジンは、分かるからね、と。

結局、そう簡単にできる近道なんてないもんだな、と思いました。遠回りに思えるかもしれないけど、きちんと自分自身のウェブサイトを作ることで、結果的に訪問者が喜び、あなた自身も喜び、ということに繋がっていくんだと思います。「100万円」という刺激的なタイトルが踊ってはいますが、この本ではそうしたベーシックな話がとつとつと語られています。言うなれば、心構え、でしょうか。

この本を読んで一番思ったのは、きちんとウェブサイトを作ることはアフィリエイトに限った話ではなく、全てに言えることだな、ということです。アフィリエイトで物やサービスを売れる人は、きっとビジネスサイトでもそのノウハウを活用することができるでしょう。そう考えると、ユーザビリティー=ユーザの使いやすさの探求から始まったあびるさんの旅というのは、良いウェブサイトを作る旅だったのではないかと思うのです。結果、それがアフィリエイトとして結実したという。

哲学書ではありませんし、決して難しい話でもありません。でも、ノウハウ集というよりは思想書です。でも、この考え方をつまんない、と思ってしまうと、良いウェブサイトへのせっかくの近道を逃してしまうのかな、とも思うのです。

すみません、褒めすぎましたか?(笑) でも、ウェブデザイナーでもあるあびるさんの考え方は、本当にウェブサイト構築のベーシックなところに繋がっているものなのではないかと思いました。