芥川賞に阿部和重さん、直木賞は角田光代さんに決まったそうです。

第132回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が13日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は阿部和重さん(36)の「グランド・フィナーレ」(「群像」12月号)に、直木賞は角田光代さん(37)の「対岸の彼女」(文芸春秋)に決まった。

阿部さんは「うれしいが、新人に与えられる賞を、10年以上やっている自分がもらうのは複雑」とコメント。分かる気がします。

阿部さんは、1994年に群像新人文学賞でデビューした人気作家。今回は、ロリコンの男が仕事も家庭も失って故郷に帰る姿を描き、4度目の芥川賞候補で射止めた。既に一昨年の長編「シンセミア」が伊藤整文学賞と毎日出版文化賞をダブル受賞しており、実力には定評がある。

芥川賞は阿部さん、直木賞は角田さんにわれば、角田さんは、

角田さんは90年デビュー。受賞作は、現代を生きる女性同士の関係をリアルで柔らかな筆致で描いた。

ということだそうです。昨年は芥川賞は最年少受賞ということで、若さでかなり話題にもなりましたが、今年は一転して実力派が選ばれた感じなのでしょうか。

シンセミア(上)

シンセミア(上)

対岸の彼女

対岸の彼女