オタクのための東京ガイドブックという記事で「クルージング・アニメ・シティ」という書籍が紹介されてしました。

もしそうであれば、ぴったりのハンドブックがある。最近出版された『クルージング・アニメ・シティ:ネオ東京のオタク・ガイド(写真)』(Cruising the Anime City: An Otaku Guide to Neo Tokyo)は、日本行きの航空券を買って、さらに数十万円を遊びに使う余裕のあるオタクが携帯するのに最適な1冊だ。

町山智浩氏が共著者となっているそうです。

この本に載っているのは、「電気街」秋葉原(この街の電気店では携帯電話に見せかけたスタンガンを売っている)の詳しい地図や、『まんだらけ』(店員がアニメシリーズ『セーラームーン』のキャラクターなどに扮し、接客中でないときはカラオケで熱唱している)をはじめとするマンガの聖地(写真)の情報だ。

マクロスに登場した「マリンタワー」への行き方とか、そんな感じの情報が掲載されているそうです。なんとなく気持ちは分かる気がします。ぼくも、ずーっとパチンコは止めていたんですが、リーチ見たさにエヴァの台に思わず座ってしまいましたよ、先日。