担当編集者による書籍版「電車男」ができるまでというコラムを栗先生に教えて貰いました。

やらなきゃいけない仕事は目の前に山とあったのですが、逃避するかのごとく『電車男』を読み始めると……途中で止められなくなってしまいました。結局3時間半かけて最後まで読むとすぐに編集長席まで行き、いかに『電車男』が面白く、感動的かを語っていました。そして「私にやらせてください」と伝えたのです。

けっこうな分量で、読み応えアリ、です。どうも文体からすると女性のようですね。

最初にひろゆきにメールを書いたこと、「ひろゆきさん、中の人さん、電車男さんにゲラを見てもらいながら」という行から、電車男自身も刊行に関わっていたことなどが綴られています。タイトなスケジュールだったんですね。

さらに面白いのは、舞台裏と称して、

デスク男
装幀男
組版男
赤ペン男

たちが登場するのですよ(笑) なかなか粋な計らいですね。

そしてなんと。なんとなんと。

電車男からもコメントが寄せられています。

これを読み終えた時に好きな人を
もっと好きになってくれたら嬉しいです。

今はどうしているんだ、おい。幸せだといいなぁ。ネタ男より。

電車男

電車男