アトランティス大陸はアイルランド、地理学者が新説というニュース。

地理学者ウルフ・エルリングソン氏は、来月出版予定の自著で、プラトンが描写したアトランティスの大きさ、地形、景色がアイルランドにほぼ当てはまると述べている。

アイルランドが本当にアトランティスだったら、ちょっとロマンがないなぁ、なんてことも思ったりするのですが。

エルリングソン氏はロイター通信に対し、「誰もこれを思いつかなかったことに驚いている。信じられない」と語った。
 同氏は世界中の大きな島50についてのデータを収集調査した。アトランティスのように中央に平原があるのは、アイルランドだけだったという。

平原があることがアトランティスだという証拠だとしたら、それはかなりガッカリなのですが、でも新説として発表するくらいですから、他にもいろいろな理由があるのでしょうね。

アトランティスといえば、楽しみにしている「イリヤッド」というマンガがあります。ビッグコミックオリジナルで連載されているのですが、アトランティスの存在を巡って秘密結社が登場したりシュリーマンの日記が登場したり、そして主人公がかつて考古学者だったりするのですが、中途半端なフィクションの世界ではなく、、かなり読ませてその気にさせる内容になっています。現在、連載も継続中。これはお薦め。

Amazonで「イリヤッド」を調べる