竹熊健太郎氏より献本頂いた「篦棒な人々」を読み終わりました。大変、面白かったです。知らない世界が垣間見えました。ありがとうございます。

takekuma_book_review_20080405_R0014218.JPG

随分と前に送って頂いていたのですが、遅くなってしまいました。すいません。

でも本当に面白かったです。これは読んで良かったと心底、思いました。

「篦棒」は「べらぼう」と読みます。「まえがきにかえて」として「お詫び」があるのですが、そこにはこのように説明されています。

辞書をひもとくと「ベラボー」なる言葉、あまりいい意味では載っていない。

と。

しかし、登場する4人はただ単に偉大な人という分けではなく、戦後のカルチャーと少し離れた場所で、激烈な個性を輝かせてきた人たちであり、そのために困り抜いた挙げ句にひねり出された言葉が、

この「篦棒」なる言葉である。

と。

登場する4人は、

・康芳夫
・石原豪人
・川内康範
・糸井貫二

の4氏です。

正直なところ、森進一との騒動があったので、かろうじて「川内康範」という名前は知っていましたが、それがなければ全く知らない4人でした。

が、いずれ劣らぬ自分の道を歩み続ける、サブカルチャーの偉人でありました。

サブカルチャーですが、戦後の話題をかっさらないながら、さまざまな影響力を持って生きた人たちです(望むと望まぬに関わらず)。

takekuma_book_review_20080405_R0014219.JPG

とのかくものすごい‥‥「篦棒」な生き方をしているんですよね。

細々と各人がなしてきたことを書いても仕方ないので、昭和を生き抜いたサブカルチャーの偉人てどんなだ? と思ったら、とりあえず手をとって見ることをお勧めします。

初めて聞く名前だとしたら、きっと知らない昭和がそこにあったことを知るでしょう。

そして、この「篦棒」な4氏とのコンタクトに成功し、綿密なる準備でインタビューに望みまとめあげた竹熊健太郎氏に感謝です。

・森進一
・三浦和義
・麻原彰晃

など、今とシンクロしたりもしています。

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 た 24-1)

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 た 24-1)