あなたのブログが7倍読まれやすくなる方法という記事より。

妻との会話で、妻がふと、こんなことを言いました。

「ブログ記事のタイトルに●●●●●●●●が入ってると、スルーしちゃうわ」

私も同じような感覚を持っていたので、「それは正しいな」と思いました。

本当に正しければ、ブログ・ライティングの方法論として、意味深いものになるはずだと思い、証明するための調査を試みました。

「ブログ記事のタイトルに●●●●●●●●が入ってると、スルーしちゃうわ」いったい何が入っているとスルーしちゃうのか?

気になりますね。

記事中では、

A. ノンオイルソープ売上げNo.1 「shittori(しっとり)」
B. 「やっとみつけた!保湿力十分で低刺激なボディソープ」
C. 口コミで聞いた、肌がモチモチになる海藻成分いっぱいのボディソープを使ってみた

といったような記事タイトルを用いて、8人にアンケート調査をしたそうです(5題)。ちなみにAは実在するタイトルで、BとCは調査用に作れられたもの。

結果、実在するAのタイトルは40個のうち5個しか選ばれなかったのだそうです。

Aと、そしてB&Cでは何が違ったのか?

「ブログ記事のタイトルに、自分の知らない商品名やブランド名が入ってると、スルーしちゃうわ」

なるほどですね〜。

ブログのタイトルに知らない単語が入っていると、反射的に「自分には関係のない記事だ」と感じるのだそうです。

なるほど、タイトル付けの際にはこうしたことも考えると良いわけですね。

ただし、SEO対策として商品名を入れるということもある訳でして、一概に商品名やブランド名を外せば良い、というものもでもないのです。

リピーターの獲得ももちろん重要ですが、検索エンジンからの訪問者というのも欠かせない訳でして、そのあたりの配分をうまいことやる必要もある訳ですね。両輪が回って始めて、ブログがころころと走り出すのでね〜。